×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ユーキャンで介護福祉士になる

介護福祉士は、介護の現場で高齢者や身体の不自由な方の介護をする仕事で、この資格は介護分野で唯一の国家資格です。

サイトトップ > ユーキャン:介護福祉士資格試験について

ユーキャン:介護福祉士資格試験について

ユーキャンで人気の介護福祉士は国家資格ですが、その資格試験についてお伝えしたいと思います。

ユーキャンによれば、介護福祉士の国家試験は、合格率が全受験者の40%〜50%だそうです。国家試験としては大変高い合格率ですよね。

ただ、こういった合格率は、人気が上がれば上がるほど落ちてくるものだと思うので、できる限り早めに受験することをおすすめします。

介護福祉士の国家試験は今のところ年1回行われています。
試験は筆記試験と実技試験の両方があり、例年は1月に筆記試験があって、それに合格した方のみ3月に行われる実技試験を受けることができます。

筆記試験はマークシート形式(5肢択一)なので、しっかり勉強していれば比較的点は取りやすいはず。合格ラインは順位に関わらず、合格基準点をクリアすれば合格です。正答率約60%が合格基準点になっています。

ユーキャンの介護福祉士講座を修了しても、受験資格にはなりません。専門の学校を卒業するか、介護の実務経験3年以上が受験資格になります。性別・学歴・年齢の制限はありませんので、多くの方がチャレンジできます。